脱毛サロンに行く前に必要な前処理について

現在多くの女性が上野にある人気の脱毛サロンに通っていると思われ、様々な種類の脱毛サロンがあると思われます。

皮膚への刺激を最小限にする前処理は大切なケア

脱毛などでは直接皮膚にジェルを塗布したりレーザーや光を当てることにより、皮膚刺激が出現することがあります。

皮膚刺激をなるべく最小限にするためにも施術前の「前処理」というのはとても大切なケアとなってきます。

脱毛サロンによっては施術時間の短縮を図るため、前処理を施術予約前に自身で行うようになっているシステムのところも多くあります。

「保湿」は皮膚を正常に保つことやトラブル予防に最適

皮膚には生まれ変わるサイクルもあり、女性では月経などのホルモンバランスのサイクルも大きく影響してくるため、月経前後の施術や無理な前処理は余計な皮膚刺激となってしまうので避ける必要があります。

月経のリズムを把握した上で、その前後をさけ、皮膚の敏感な時期をさけることで前処理での皮膚刺激を抑えることができます。

また、剃刀を使用した場合必ず処理後の保湿やクーリングが必要となってきます。剃刀で皮膚を直接刺激しているので角質を保湿し、摩擦された皮膚を冷やして落ち着かせます。

保湿は皮膚を正常に保つことやトラブル予防に最適であり、前処理のみでなく日常的に行うことが好ましいでしょう。

健康的な皮膚を保つために規則正しい生活をしましょう

ほかには基本的なことではありますが規則正しい生活や食生活を心がけることも皮膚の再生を促し、健康な皮膚状態を保つことにも大きく影響してくると言えます。

せっかく美肌を目指して脱毛を行うのであれば、効果的な施術となるようにしていきたいものですね。

脱毛効果が得られるのは成長期段階の毛

医療機関やエステサロンといった専門機関で脱毛施術する人が増えています。

施術は1回きりでは終わらず、数カ月に一度の割合で繰り返し施術する必要があるため、効果の高いレーザーを使用しても、完了するまでに最低1年はかかるといわれています。

毛周期があるので1か月に何度も施術をしても効果はない

その理由は、毛の生えるサイクル、毛周期に関係します。毛周期には、毛が成長する成長期、毛の成長が止まる退行期、毛が抜け落ちる休止期があります。

脱毛施術は、成長期段階の毛にしか効果がありません。このような理由があるため、例えば1ヵ月のうちに何度も施術したところで、効果は得られないのです。

部位によって毛周期の間隔が異なりますが、多くの場合2~3カ月に1度の割合で予約を取り、施術を行うことになります。タイミングがずれると、効果のある成長期段階の毛に照射できなくなり、脱毛が完了する期間が長引いてしまうことになります。

専門機関が勧めるタイミングを逃さないよう、定期的に施術を受けることがおすすめです。

月経の予定日はできるだけ避けて予約をしておこう

注意したいのは、月経時です。月経時はホルモンバランスが乱れているため、痛みを感じやすかったり、炎症を起こしやすくなったりすることがあります。

月経時の施術はあまりおすすめできません。特にデリケートゾーンの場合、施術を断られることがほとんどです。急な予約のキャンセルは、キャンセル料がかかったり、1回分の施術としてカウントされたりすることがあります。

キャンセル時の契約内容を確認しておき、できるだけ月経時は避けて予約を取るようにしましょう。

鼻の産毛の永久脱毛について

鼻の脱毛には、鼻そのものの表面に生えている産毛や鼻の下の産毛の脱毛がありますが、どちらも顔コースの一部となり、レーザー照射で永久脱毛状態になれる場合が多いようです。

鼻毛は粘膜に生えているため、レーザー照射はできません。それに、健康維持に欠かせない毛ですから、抜いたり生えてこなくさせたりするのは好ましくありません。

顔脱毛の前は、鼻の角栓による黒ずみは除去しておくとより効果的◎

顔コースを選択すると、一緒にレーザー照射の対象となります。ただ、気になる黒いぶつぶつが、産毛のせいなのか、それとも角栓のせいなのかは事前によく把握しておく必要があります。

レーザー脱毛では、黒い色に反応して熱が発生する光を利用しているため、照射される肌は、毛を除いては可能な限り白い状態にしておくことが望まれます。

強い力をかけて角栓を無理に取り除くのは、肌を傷めますからかえって望ましくないのですが、通常のお手入れで取れる範囲でなら、取り除いておきたいところです。

顔コースを選ぶほど顔の産毛が気になる場合は、どこということもなく一面に生えている場合が多いでしょうが、角栓には注意しておきましょう。

日焼けに注意し、規則正しい生活をして肌状態を良好にしておくことも大切

顔コースの場合、照射するレーザーの強さには細心の注意が払われます。ただ、レーザー照射を受けない状態と同一とまではいきませんから、なるべく弱い照射で済むよう、日焼けを防ぎ、白い肌を保っておく必要があります。

また、睡眠時間を十分とり、食事などにも注意して、肌を良好な状態に保っておくことが大事になります。